MENU

 親としては今の私がどうしても許せないって気持ちがあったのかもしれません。
高校卒業して進学するわけでもなく、就職するわけでもなく、家事手伝いをやっている私を見ては、就職先を探しなさいと言ってくるのです。
それこそ毎日のようにこの話をされてしまって、ちょっとしたノイローゼみたいな感じになっちゃったんです。
もうちょっとのんびり生活したいのに、これじゃ頭がおかしくなってしまうって思うようになりました。
うるさい親がいないところで生活したいな、たくさんのお金があればそれもできるのにな、そんな妄想が爆裂していきました。
毎日のように親から口うるさく就職先を見つけろとか、アルバイトぐらいしろって言われ続けちゃってて、自分としては仕事をする気なんか全くありませんでしたから、この状況から逃れたいって思うようになっていました。
そこでない知恵を絞って考えていたのですが、そこで思いついたのがパパ活してお金持ちの男の人をみつける方法でした。
愛人っていう関係を作ることができたら、毎月たくさんのお金をもらうことができる。
無精な私には凄く良い関係に思えてしかたがなかったのです。
愛人関係を作るような人たちは多くいるみたいだし、多分インターネット使えばこういった関係を求める相手探しなんか楽勝でできるんじゃないかって思ったんです。
親の元からも離れたかったし、のんびりとした一人暮らしをしたい気持ちもさらに強まっていましたから、お金をたくさん持っているパパ募集をしてみようかと本気で考えるようになっていったのです。
相手の探し方が分らなかったから、とりあえずインターネットで検索かけてみることにしたんです。
そうしたら、たくさんの情報が出てきて、これだったら上手くいくかもって気持ちになりました。