MENU

 面接まで発展したから、これで決定だって思っていたんです。
これでこのまま素直に愛人契約が終了して、多額の報酬や初回費用を受け取ることができる。
気持ちがとってもワクワクしてしまっていたのでした。
面接しながら話していくと、彼から次のような話が飛び出してきたのです。
「契約金となる300万円を支払いたいんだが、振り込むために銀行のキャッシュカードを預けてくれ」
突然こんな事言い出したのです。
「あとは暗証番号も一緒に」
今の事まで言われてしまったのでした。
いくら何でもキャッシュカードにプラス暗証番号なんておかし過ぎるじゃないかって思ったんです。
それと恥ずかしいんだけど、家事手伝いという事もあって自分の口座がなかったりするんです。
その話をまず彼にしてみたんです。
「銀行口座も持っていないような相手では、信用して契約をすることなんかできない」
突然かなりキツイ口調で言われてしまって、彼は席を立って帰ってしまったのでした。
本当に唖然としてしまったのでした。
あまりにも不自然な感じだったから、帰宅してからインターネットで検索してみたんです。
そうしたら驚くような事が書かれていました。

誰でも気軽に利用することができるパパ募集掲示板は、愛人契約詐欺がたくさんあると言う事が書かれていたのです。
今回私が遭遇したようにキャッシュカードを預かる、そして暗証番号まで聞き出すと言う事は、実は頻繁に横行してしまっている詐欺行為だと書かれていたのでした。
さすがにこれには驚いてしまいました。
自分も詐欺の被害に会うところだったので、本当に安心した気持ちになりました。
この時の検索で、パパ活で成功した人の体験談をみつける事ができてしまいました。
安心してパパをみつける方法が、そこには書かれていたのです。